ニコニコに高音質で投稿しよう 実技編 ~Aviutlでの作り方~

WEB

今回はAviUtlを用いた高音質動画の作り方を解説ようと思います。
前回の記事をご覧いただくとより理解が深まります。

ニコニコに高音質で投稿しよう 知識編 ~1.事前に知っておくべきこと~
ニコニコに高音質で投稿しよう 知識編 ~2.AACからWAV・ALACへ~

お勧めのファイル形式

AviUtlではMKVとMP4が制作できますが、なるべくMP4をお勧めします。
今回の方法は「x264GUI」を使用します。
導入していない場合は入れてから先に進んでください。

実際に制作しよう!(MP4/ALAC編)

素材の読み込み

素材となる動画や音声をAviUtlに読み込みます。
この時の音声レートが出力時のサンプリングレートになります。
一度決めると変えられないのでしっかり確認しましょう。

出力設定

次に出力設定を行うため
「プラグイン出力」→「拡張x264」→「ビデオ圧縮」の順に開きます

いつも使用しているプロファイルを開きます。
①の音声エンコーダ部分を「refalac(ALAC)」もしくはffmpeg(ALAC)などに変更します。
②に実行ファイル(~.exe)が設定されているか確認します
③部分の外部muxerを使用に☑が入ってるか確認してエンコードします。
映像の部分は好きなように設定してください。

ファイルの確認

後は出来上がった動画ファイルのプロパティを確認します。
音声部分が320kbpsなど低い値でなければ、無事成功です。


次はMKV/WAVの説明に入ります。

実際に制作しよう!(MKV/WAV編)

1.MKVToolNixのインストール

MKVは外部muxerが必要なのでMKVToolNIxをダウンロードします。
MKVToolNix(←ダウンロードページに飛びます)

自分の環境にあった最新のMKVToolNixをインスト―ルしてください。
インストールが終わったら次はAviUtlでの作業になります。

2.AviUtlで設定を変更しよう


先ほどと同じように素材を読み込んだら
「プラグイン出力」→「拡張x264」→「ビデオ圧縮」の順に開きます

①のエンコーダでWAV出力を選択します
②の部分にあるmkvタブを選択します
③の部分をクリックして実行ファイルを選択します

64bitをインストールした場合、何も弄ってなければ、
「Program Files>MKVToolNix>mkvmerge.exe」にあります。

最後に外部muxerを使用に☑が入っているか確認します。
その後画質を決めて「OK」ボタンを押します。

戻ると下の方に「ファイルの種類」を選択するタブがあるので、▼ボタンを押し「mkv file」を選択します。

ここを忘れると映像と音声が分離します。絶対忘れないようにしましょう。

後はエンコードが終わるとMKVができます。
これで音声がWAV(リニアPCM)のMKVファイルができました。

終わりに

全3回に分けてニコニコで高音質な状態で投稿できる形式を紹介してきました。
AviUtlでは比較的簡単に制作できますが、Adobeなどの有料ソフトでは難しいのが現状です。

現在はYouTubeの方が勢いがあり、知識が必要な音質や画質などの設定に拘る時代ではないかもしれません。
ただ、この方式ならニコニコは勿論YouTubeにも同じ動画ファイルで投稿できるのでおすすめです。

誰もが簡単に動画投稿できる時代だからこそ、こういう事に拘るのも一興じゃないかなぁと思っています。

最後になりますが、ここまで記事をご覧いただきありがとうございました。

少しだけ関連してる記事

コメント

  1. お茶 より:

    ニコ生の音質についても、教えて欲しいです。