Fire TV Stick 4K MAXレビュー これがあれば困ることは無い

ガジェット

以前のサイバーマンデーで購入してある程度経ったのでレビューしたいと思います。
製品はこちら

外箱

こんな感じで届きます。

表面
同梱物

使い方は非常に簡単でテレビのHDMI空きポートに挿入してUSBから電源を取り画面に表示される指示に従います。

一つ注意点があるとすれば、Amazonアカウントをリンクさせる時に「サイトにアクセスして文字を入力してください」と出る場面です。

この時にアクセスするサイトamazon.co.jp/codeです。

実はこれamazon.com/codeでも登録する画面に行けてしまうのですが、これはアメリカ側のサイトなので駄目です。

自分はamazon.comのサイトからアカウントをリンクさせてしまって、紐付けに失敗するというヘマをやらかしました。

その後、本体の電源を落としてamazon.co.jp/codeにスマホからアクセスして成功しましたが、皆さんは失敗しないように注意して下さい。

動作はサクサク、Wifiは5Ghz完全対応で爆速

自分は2017年に買ったFire TV Stickを使っていましたが、今回4K MAXに変更して非常に感動しました。

特に動作が非常にサクサクでヌルヌル動く様を一度体験すると元に戻れなくなります。

また、Wifi6に対応した事を契機にしたのか日本の電波法に完全対応したようです。
今まで特定のチャンネルでしか使用できなかった5Ghz帯がどのチャンネルでも使用できるようになりました。

Buffala-Aが使用できる

因みに自分が使用しているルーターはこちらになります。
この製品はAmazon側がセットで販売していた事もあり相性はいいですね。

総評 買うべし

動作がサクサクでWifiも5Ghz帯に不自由なく繋げられるなどこれまでのFire TV Stickシリーズの集大成と言っても過言ではないですね。

勿論4Kも再生できますし新しいリモコンも使いやすいです。
ただ、リモコンのクイックアクセスは個人でカスタマイズが出来ないのでそこは注意ですね。

ここを自分の好きなアプリにカスタマイズできたら欠点が見つけられない商品になってました。

そこだけは少し残念ですが、それを踏まえても昔のFire TVシリーズを使ってる人は買い替えてもいいと思います。

通常版と比べて4K MAXはメモリが多いなどスペックの面で勝っているので、多少高くても4K MAXを選ぶことをおすすめします。

それでは今回はこのへんで!

コメント