ひぐらし卒 祟明し編 2話 真面目な感想と考察

ブログ

回を追うごとにどんどん邪悪になる沙都子。

今回もその腹黒っぷりを披露してくれました。

そんな祟明し2話の感想と考察を書いていきたいと思います。

ひぐらし卒のネタバレを含みます

対立煽りの達人と化した沙都子

沙都子の二枚舌っぷりには驚きました。

鉄平と部活メンバーにはそれぞれ虐められていると嘘を付き、お互いを牽制し合う環境を構築しました。

予想していたことでしたが、想像以上に純粋な心で沙都子を愛する鉄平をまじまじと見せつけられたので、これを裏切るのは心が痛みますね。

ゴロゴロ回転する沙都子は正直かわいいなぁって思いましたが、手段を選ばず嵌める事だけを考える郷に狂気すら感じます。

ただ、よく考えると沙都子は嘘の通報を児童相談所にしたこと過去があり、ループ前から今のような性格は持ち合わせていたのかもしれません。

今まで2話、祟明しを見ましたが「梨花ちゃんを諦めさせる」という本来の目的を忘れかけているような気がします。

それは視聴者目線のエウアも同じなようですが。

[ads]

エウアの発言を紐解く

これまでの解答編と違い明らかに出番が増えているエウア。

今回の発言は非常に興味深く、これまでとは違う感想を述べていました。

北条沙都子という人間は不幸に身を浸し、周囲から同情されているときだけが幸せなのだなぁ

その悦楽を得るために駒を操り、人の心を弄ぶか

それは人ではなく魔女であるなぁ

ひぐらしのなく頃に卒 第8話 祟明し編 其の弐 より

本来は梨花の心を折るためにループしている筈なので、同情される快楽を得るために駒(鉄平や部活メンバー)を操っている訳ではありません

エウアの発言が沙都子の本心ならば、祟明しでは沙都子の目的が変わっている、もしくは目的と手段が入れ替わっている状態になっています。

それを念頭に見直すと、鉄平に抱擁される沙都子が受け入れているように見えるのも納得できます。
利用しているとは言え、今まで存在しなかった本当の家族に心の底から本気で同情されているのですから、心は満たされるでしょう。

その快感を知った沙都子はどんどんエスカレートしていくと思われます。
実際、今回の出来事も

  • 鉄平に同情されるためにリスクを承知で先生を含むクラスメイトに虐められてるフリをする
  • より多くクラスメイトに同情されるために学校で吐く演技をする

という見方ができます。

確かに、エウアが言ったように沙都子の心は人間離れしていてまさしく魔女になっています。
言い方を虚しい人間ですが。

結局の所、子供の頃受けた心の傷は百年以上経過しても癒えることはなく、無意識の内に心を満たす行動をしている沙都子エウアにとって面白くてしょうがないのでしょう。

梨花の心を折る筈のループは、沙都子の心を満たすための物になりつつあるということだと思います。

今後猫騙しでなりふり構わず心を折りにくるのを見ると、祟明し終了後エウアに何か言われるのでしょうが。

終わりに

前回は沙都子の敗北条件が提示されましたが、今回は沙都子の心情がエウア経由で描写されました。

自分で気づかない内に梨花の事が二の次三の次になっていると気付くことができるのでしょうか。

エウアは思ってた以上に腹が黒そうな雰囲気が出てきたので、今後の展開、猫騙し以降は思ってた以上に悲惨なものかもしれませんね。

また今週も楽しみです。

それでは!

コメント