ひぐらし卒 綿明し編 1話 真面目な感想と考察

ブログ

遂に始まった綿騙しの解答編。

予想外の人物も出てきて話の裏側も少しだけ見えてきました。

今回は振り返りながら感想を書いていこうと思います。

ひぐらし卒のネタバレが含まれています。

沙都子のカケラと梨花のカケラ

梨花のカケラ世界で羽入は干渉できないどころか、カケラの世界を見ることすらできない状態だと判明しました。

梨花は完全に前の世界を基準に考えているので、レナが発症したのではなく圭一が発症したと勘違いしていました。

それより注目すべきは、梨花が羽入と話しているとシーンを沙都子が見ていたことです。
つまり、梨花と羽入の会話は沙都子に全部筒抜けであり、鬼狩の存在も沙都子に完全にバレていたという事になります。

エウアが羽入を「出来損ない」と揶揄していましたが、エウアの万能性を見る限りあながち間違っていないと思いました。

拳銃の所持と鉄平

今まで散々自殺してきて今頃自殺の方法を考え直すかと思いました。

首を切って自殺したので当たり前ですが、首を妙に気にしてたので短絡的ですが雛見沢症候群を発症しているんじゃないかと少し思いました。

前話のあるシーンで沙都子の目が猫目になっていることも根拠の一つです。

ただ、深く考えると当たらないので気にしすぎだと思いますが。

鉄平への接触

自殺用の拳銃を手に入れるために鉄平への接触を試みた沙都子。
郷壊し同様改心した鉄平でした。

鉄平は沙都子に頭が上がらないどころか完全に丸め込まれていました。
郷壊しで言っていたように鉄平を利用することにしたようです。

競馬で10万を380倍にしたので3800万を獲得、鉄平は半分以上沙都子に上げようとしていましたが、沙都子は200万でいいと断っていました。

沙都子は拳銃が買えればよく、別の世界へ移動するので金は持ってても無駄なのは間違いないです。
しかし、沙都子は鉄平に抱きつかれても拒絶することはなく、汚い部屋を片付けたりと献身的でした。

正直な話願望もありますが、沙都子の心が少しづつ変化しているのではないでしょうか。
祟騙し編が重要だという情報もあるので、鉄平の存在は今後の物語に大きく関わってくるでしょう。

沙都子と魅音

沙都子は魅音をターゲットに注射を打つ事にしました。
重要なシーンは有耶無耶になっていましたが、恐らく気づかれずに注射できたのでしょう。

自分が想像した綿騙しの考察ではゲーム大会かカレーの調理実習で注射だと予想していましたが、結局ゲーム大会での注射でした。
個人的にはカレーの調理実習かなと思ってましたが思いっきり外れましたね。

魅音を選んだ理由も魅音がどのカケラでも発症しないからというゲーム感覚のものでした。

別のカケラですが魅音から沙都子は拳銃を習っているのに、沙都子は興味本位で魅音を発症させる事にしました。
どのカケラでも発症しない魅音を発症させる事は、梨花の経験は勿論、沙都子の経験も当てになりません
慎重派の沙都子にしては軽はずみな行動だと思いますが、鬼明しで成功したのをいい事に甘くみている気がします。

個人的には少し痛い目を見て欲しいですね

[ads]

沙都子が拳銃を練習したのはいつ?

沙都子が拳銃を必要としたのは鬼明しで自殺する時に包丁だと痛いからでした。
業では鬼→綿→祟→猫と続いている感じでしたが、沙都子視点だと少し違うようです。

鬼明し終了後に拳銃を必要とした沙都子は、魅音にお願いして拳銃の練習を初めます。

重要なのは中学生まで練習していることです。
これを素直に受け取ると鬼と綿の間には数年のインターバルがある事になります。

つまり、梨花を直ぐに追うのではなく練習して戻ってきたという事です。

イマイチ分からないのは、梨花がどうなっていたのかです。
エウアの力で別のカケラに飛んだという可能性もありますが、そこまで親切なのかなぁと思いました。

梨花を殺した後に死ねば同じ世界に飛べるので、転生先の梨花を直ぐに殺して拳銃の練習をした後、沙都子が死ねば同じ梨花を追い求めることができます。

死ぬ数時間前の記憶が無くなるので、転生後すぐに殺せば梨花の記憶は消えてるでしょう。

恐らくそこまで深く考えてないと思いますが。

鉄平の家へ行くシーンを考える

このアニメは映像を深く考えてはいけませんが、どうしても気になる事があるので一応書き残しておきます。

鉄平の家へ沙都子が自転車に乗って坂を降りるシーンがありますが、そこで車が通ります。
dアニメ 6:35~くらいのシーンから

この車見覚えあるな~って思って見直したら大石の車と同じでした
単に使い回しの可能性が高いですが、もし大石が乗っていれば間違いなく沙都子に気づくでしょう

これ以上鉄平が登場するとは思えないので、綿騙しでは特に意味がないかもしれません。
しかし、綿騙し以降の沙都子は必ず拳銃を手に入れるはずなので、祟騙しで沙都子が鉄平に会いに来ていた事を勘付いている可能性はあるかなぁと思っています。

終わりに

今回は綿明し一話の感想と考察をしてみました。

再三言ってきましたが、基本的には難しく考えずに素直に受け取る事が大事だと改めて思いました。

まだまだ綿騙しの裏側は見えてこないので、次の話が楽しみです。

それでは!

コメント