ひぐらし卒 神楽し編 2話 真面目な感想

ブログ

あまり話が進まなかった神楽し編2話。

ようやく再放送が終わりそうな気配ですね。

今回も振り返ってみましょう。

ひぐらし卒のネタバレを含みます

乗り込んだ羽入

エウアの所へ乗り込んだ羽入でしたが、あっという間にやられてしまいました。

エウアの発言から羽入はエウアの分身であり、羽入もある程度認知していたようです。

力の関係からエウアは羽入の上位互換かと思っていましたが、話し方を見る限り対等だったので驚きました。

個人的には羽入に対してエウアが怒っているように見えました。
羽入が行ったことに対して棘がある言い方をしていたので、そこが気になりますね。

また、羽入はカケラの中の事を全くしらず、沙都子が犯人だった事に驚いていました。
鬼狩柳桜を渡したのは梨花に自殺を仄めかしていたのでしょうか。
梨花の代わりに繰り返す存在が居ると予想して渡した可能性もありますが。

正直どっちにも捉えられるので判断が付かないですね。

梨花のフラッシュバック

梨花は大石に殺されたシーンを断片的に思い出していました。

羽入は一連の出来事を「奇跡」だと言ってましたが、梨花が頭に弾丸を受ける直前まで思い出していたので、恐らくまだ息絶えてなかったのだと思います。
梨花が死んでいると思い油断した沙都子のミスもありますね。

沙都子が犯人だと梨花が気付いたのは恐らく「奇跡」だと思いますが、エウアは梨花が気付くわけないと思い込んでいたので、エウアの期待を大きく裏切ることになるでしょう。

ここからどう物語が動くか楽しみですね。

終わりに

残り話数が少なくなって来ましたが、まだ物語は大きく動きません。

次話でようやく待ちに待った拳銃シーンのその後が描かれます。

はたして大勢が納得できるオチが用意されているのでしょうか。

ウキウキしながら待ちましょう。

それでは!

コメント