ひぐらし卒 祟明し編 5話 真面目な感想と反省

ブログ

5週に渡って放送された祟明し最終話が放送されました。

今回は自分が書いた考察を元に反省と感想を書いていきたいと思います。

ひぐらし卒のネタバレを含みます

考察は当たったのか

5週前に自分が考察した祟明しの考察の答え合わせをしてみましょう。

鉄平が雛見沢に来た理由

鉄平は郷壊し、綿明しでも分かるように弱体化しており、沙都子に対して虐待した負い目から沙都子の言いなり、延いては沙都子を守りたいと思っています。

焼き肉パーティーの片付け時、沙都子は買い物に出かけており、その後鉄平が雛見沢にやってきたのを考えると、沙都子が鉄平を雛見沢に引き連れてきたものだと考えられます。

例えば、学校の人達や村人が北条家を未だに虐めている等の嘘を鉄平に吹き込めば、沙都子を守るために雛見沢に戻ってくるでしょう。

ここはバッチリ当たりましたね。
今までの沙都子の言動を見ていれば予想できていましたが。

虐待はあったのか

自分の予想では上述の通り、沙都子が鉄平を引き連れてきたものだと考えているので、虐待なんて一切無かったと思われます。

なので、部活メンバーの前で見せた弱々しい沙都子は、虐待されている演技をしていたのでしょう。

教室で吐くことも、今の沙都子なら練習してでもやるだろうと、綿明しを見て思いました。

元は自分が体験した事ですから、虐待されている演技は誰よりも上手いでしょう。

当たったのか微妙な感じですね。
沙都子が吐いたのは演技なのか、善沙都子が出てきたのか判断が付かないので。

沙都子の狙い

2つのパターンを容易していましたが、どっちも外れました。

近かった方を見ていきたいと思います。

想像よりもゲスいパターンの場合

1.沙都子は部活メンバーを駒としか思っておらず、梨花を含め最初から全員殺す予定だった
2.鉄平は思い通りに動くと踏んでいるので、H173を使わずコントロールするつもりだった
3.圭一を北条家に呼んだのは鉄平に始末させる為であり、一番厄介そうな圭一を最初のターゲットにした
4.沙都子の誤算は鉄平が圭一を仕留める事ができず、逆に鉄平が殺されたこと
5.計画が頓挫した沙都子は大石にターゲットを変更、境内での惨劇を起こし梨花の死を確認した後、拳銃で自殺
6.この場合の大石は沙都子の協力者であり、オヤシロ様の祟りを北条家に仕向け、黒幕の尻尾を掴むつもりだった

鉄平をH173を使わず利用や大石が協力者で黒幕の尻尾を掴むつもりだったは当たっていましたが、それ以外は外れてしまいました。

鉄平を沙都子が殺すとは思っていなかった事、沙都子がH173を注射した大石までコントロールできるなど想像よりもゲスだった事が原因ですね。

想定外の事を全部利用する事ができたのは善沙都子が消滅したからなのでしょうか。

[ads]

感想

沙都子が苦戦すると思われた祟明し編でしたが、沙都子の中で良心と対峙した以外は沙都子の思うがままでした。

良心が完全に無くなった沙都子は猫騙しの惨劇へと繋がるようです。

残り話数が少ないですが、一体どのようなオチが付くのか楽しみですね。

それでは今回はこのへんで。

コメント